食べるをいかすライオン

スキルス胃がんで胃全摘したけど、ひたすらポジティブにチャレンジするブログ。

【スポンサーリンク】

【新製品アクマ的ウマさ!】日清『チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯』の実食した感想【胃を切った人もなんとかイケる】

この記事をお読みになる前に  本記事のテーマは「胃全摘や胃切除して、食事の摂取に悩みをお持ちの方々への食事に関する情報提供」です。
胃がんにより胃全摘をした筆者が、胃切除者でも食べやすいのではないか?と思った商品を食レポし、個人的な意見をおもしろ、おかしく発信しているものです。
もちろん、健常な方にもお読みいただいて参考になるよう書かせていただいておりますので、ご興味の方はぜひお読みいただきたいと思います。
毎日の食事の参考にしていただければ幸いです。

 

こんにちわ、胃全摘ブロガーあおさん(@aosan)です。 
さて今回は、ドラッグストアに行ったら売っていた、意表を突かれて衝動買いした商品、チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯』です。
もうね、胃がんで胃を切ったあとから辛いのはダメなんですよね。ちょっと辛いもの食べると、すぐにお腹はグルグル言い出すし。
お腹痛くなるし。

でもね、これは食べなきゃだめでしょ。

だってさ、

f:id:fk_aosan:20210124103858j:plain

こっち見てるでしょ。
買えってwww

さっそく、レビューします!

日清『チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯』

f:id:fk_aosan:20210124104100j:plain

こちらは日清から1月18日に発売された新製品です。
もともと袋めんで展開されている『チキンラーメン』で『アクマのキムラー』という袋めんを発売しておりまして、

www.nissin.com

これは通常のチキンラーメンフリーズドライの白菜キムチを入れ、スープをごま油で濃厚で旨辛に仕上げた逸品だそうです。
「だそうです」というのも、私は食べたことないんですよね(笑)
辛いものが苦手な体になってしまったので、あえて冒険する必要もないだろうと、しかも、私にとってはたべずらい『麺』なので。

しかし、今回発売されたのは『ぶっこみ飯』。
チキンラーメンの『ぶっこみ飯』はレギュラーメニューで販売されていましたが、

f:id:fk_aosan:20210124104928j:plain

☝コレね。
その『亜種発見!』というところでしょうか。
たぶんこれ、レギュラー商品になると思いますよ。

パッケージ

f:id:fk_aosan:20210124105138j:plain
サイドのパッケージにはちょっとイッちゃってる「ひよこちゃん」がいますが、上からのパッケージは意外に普通。

f:id:fk_aosan:20210124105337j:plain

こっちは通常の『ぶっこみ飯』のパッケージ。
『アクマのキムラー』の文字はインパクトありますが、それ以外はほぼ同じ。

f:id:fk_aosan:20210124105525j:plain

ここに書かれているのは『ぶっこみ飯』シリーズは全部同じようですね。
チキンラーメンも、カップヌードルも全く同じ表示。

f:id:fk_aosan:20210124105808j:plain

これも通常のチキンラーメン『ぶっこみ飯』との違いですね。
 『やみつき旨辛オイル』がつきます。
「お召し上がりの直前にお入れください。」とあるので、味変アイテムではなくて、当然入れるものですね。

f:id:fk_aosan:20210124110955j:plain

ココなんですよね、まったく躊躇なく購入に至ったのは。
辛さレベル『2』。

『2』ってなんだ!?『3』はカレーメシとかウマーメシとかだいたい『3』なんですね。そこまで辛くないのか???

栄養成分表示

f:id:fk_aosan:20210124110306j:plain

  アクマのキムラー
ぶっこみ飯
カップヌードル
ぶっこみ飯
カレーメシ
ビーフ

ぶっこみ飯
旨辛豚骨味

内容量(g) 73 90 107 93
エネルギー(kcal) 298 346 465 385
炭水化物(g) 51.8 66.1 74.1 66.0
たんぱく質(g)

5.5

8.0 7.2 7.3
脂質(g) 7.6 5.5 15.5 10.2
食塩相当量(g) 3.6 3.6 2.9 3.6

パッケージのインパクトと比べると、かなり控えめです。
攻撃的な味わいとボリュームから考えると、ダイエット中の方にはいいかも。

アレルゲン情報

f:id:fk_aosan:20210124110659j:plain
いつもながら私はあまり気にしていないところですが、掲載しておきます。

原材料名

f:id:fk_aosan:20210124110743j:plain

こはちょっと大切なポイントなんですが、カップヌードルのぶっこみ飯と違って、チキンラーメンのぶっこみ飯は『麺』が少し入っています。わざと少量混ぜ込んでいます。
ですので、原材料名に消化の悪い「かんすい」が含まれています。
まぁ、大した量ではないですが、注意が必要な点ですね。

チキンラーメン アクマのキムラー ぶっこみ飯』を実食!

f:id:fk_aosan:20210124111226j:plain

開けてみると、パフライス、砕かれたチキンラーメンフリーズドライの白菜キムチ、ネギ、たまごですね。

f:id:fk_aosan:20210124120935j:plain

今日も職場でいただきます。
想像以上に辛かったりしたら、ぐったりしてこの後仕事にならんかも…。
さぁ、お湯を入れて待ちましょう。  

実食。

f:id:fk_aosan:20210124121105j:plain

さて、5分が経過しました。

まずスープの油分がすごいですね。普通のチキンラーメンじゃないです。
これは出来立て直後なので、あと2~3分かき混ぜていきます。
すると、粘度が上がって、ねっとりしたリゾットのようになっていきます。

f:id:fk_aosan:20210124121357j:plain

まずは白菜キムチ。たくさんは入っていませんが、そこそこの大きさのものが5~6個かな。
味はしっかりキムチしてます。やや甘辛目の国産キムチのような感じです。私でも大丈夫、全然辛くない。

f:id:fk_aosan:20210124121539j:plain

たまごですね。これはカップヌードルのタマゴと一緒ですね。

f:id:fk_aosan:20210124121615j:plain

で、ごはんと麺です。
この商品の一番の特徴的なところですね。まさに食べ終える直前のチキンラーメンのスープにごはんをぶち込んだという感じです。

これの影響だとおもいますが、ご飯の量が少ないです。
その影響で、さらにスープが多く、雑炊感が強くて、ほかのカップ飯系と違って、シャバシャバした雑炊になってますね。いくらかき混ぜても粘度は上がらないです。
これはこれで美味いけど。

そして、この時点だとまぁ、やや辛のチキンラーメンぶっこみ飯です。

f:id:fk_aosan:20210124122009j:plain

さぁ、「やみつき旨辛オイル」を入れてみました。
ラー油かな?

f:id:fk_aosan:20210124122109j:plain

はい、蜂の子を散らしたように赤いオイルが広がりました。
ラー油ですね。もう少し複雑なエキスが入っているのだろうと思いますが。
ごま油の香り、辛味が増しました。
まぁ、食べられるレベルの辛さです。
そして、普通のチキンラーメンとは違いますね。さすがアクマ的なウマさというだけある。

まとめ

f:id:fk_aosan:20210124122350j:plain

ごちそうさまでした。
美味かったです。他のカップ飯シリーズとはこれまたちょっと違う、味わい、食感でした。

からだの様子は・・・?

さて、胃全摘した私のからだの反応ですが、やや辛かったものの問題なし。
辛さレベルでは安全圏ですね。
食べた量も全部です。

他のカップ飯と違って粘度が高くないので、リゾットというよりは、雑炊です。
シャバシャバしすぎて少し食べにくいかなと思いましたが、チキンラーメンの残り汁にごはんをぶち込むというなら、まさにこの通りと思います。

お腹の重たさはありますが、30分ぐらいしたら普通に活動できました。


胃を切除して、6か月ぐらいすればチャレンジしてもいいのではないでしょうか。
他の食べやすいカップ飯に比べると、辛さがあるので人によってはきついかも。

ただ、食べれる食べれないは個人差がありますので、術後初めて食べる方はゆっくりと、自分の体の声をよく聞きながら試してみてください。

f:id:fk_aosan:20210124122744j:plain

過去のカップ飯記事はコチラ 

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.infowww.illnessaosan.info 

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

  

今回の記事で面白かった!参考になった!という方は、

励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。 

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村ランキングはこちらです

【スポンサーリンク】