食べるをいかすライオン

スキルス胃がんで胃全摘したけど、ひたすらポジティブにチャレンジするブログ。

MENU

【スポンサーリンク】

【TVでやってたアレンジに挑戦】日清『カレーメシビーフ』のアレンジレシピの感想と『和風だしカレーメシJAPAN』【普通が一番!?】

※この記事は2020/5/17に投稿した記事のリライト記事です。

 

昨日早朝、記事を書いた後に頭痛が酷くて痛み止めを飲んだのですが、そんな痛みをすっかり忘れ、昼食に巨大なナンカレーをチョイスし、ひどい腹痛と吐き気で1時間半ぐらいお店のトイレに引きこもった あおさん(@aosan)です。

f:id:fk_aosan:20200719074646j:plain


おいしそうでしょ!?
バターチキンカレーとマンゴーラッシーで800円。
桶川市の「ベニバナウォーク」のフードコートにある「スパイス王国」というお店なんですが、「フードコート」とバカにするなかれ、こことってもおすすめですよ。
一度食べたことがあったんで、「大丈夫だろう」という油断がありましたね。
もともと食べきれないので、娘に半分食べてもらったんですが・・・。
早期ダンピングで腹痛に吐き気、そして下痢。
家に帰ってから、追い打ちの後期ダンピング
もう一日フラフラでした・・。
昨日はもともと『体調がイマ一つだった』んですね。

昨日は 「うまかった」 < 「つらかった」 かな。

 

さて、しばらくリライト記事で申し訳ないんですが、今回は日清「カレーメシ」シリーズです。
胃全摘、胃切除した私たちにとても食べやすい「ぶっこみ飯」シリーズのカレー版。

今回はTVで紹介されていたアレンジレシピと、後日普通に食べてみた商品のレポをします。

 

よし、今回は「カレー」つながりで良いスタートを切れたぞ!

 

 

これまでの『ぶっこみ飯』シリーズ

「カレーメシ」。

日清さんのカップ飯シリーズでは、定番、古株の商品ですが、実は私は食べたことないんです。
購入してウチには置いてあったんですが、奥さんから

 

f:id:fk_aosan:20200714204017p:plain


食べたことあるけど、けっこう辛いよ~。

   

と言われておりなかなか踏ん切りがつかず・・・。
そんなとき、TVで「カレーメシ」のアレンジレシピがやっていて、

 

f:id:fk_aosan:20200712131627j:plain


お、これならイケそうじゃね!

 

ってことでチャレンジしてみました。

以下はこれまで食べてみた『ぶっこみ飯』の記事です。 

www.illnessaosan.info

www.illnessaosan.info

  

日清『カレーメシ ビーフ』とは

f:id:fk_aosan:20200517080357j:plain

現在「汁無野郎カレーメシ」というCMを展開しています。70年代の刑事ドラマ「西部警察」とか「太陽にほえろ」とか、あんなイメージのパロディですね。
(20200719現在はCMは終了しているっぽいです)
お湯さえあれば5分でカレーが食べられるがウリのカレー飯。

 

栄養成分表示 

f:id:fk_aosan:20200517080317j:plain

  カレーメシ
ビーフ
阿夫利メシ カップヌードル 赤いきつね
内容量(g) 107 86 78 96
めん量(g)     65 74
エネルギー(kcal) 465 342 351 432
炭水化物(g) 74.1 60.7 44.5 54.4
たんぱく質(g)

7.2

7.0 10.5 10.6
脂質(g) 15.5 7.9 14.6 19.1
食塩相当量(g) 2.9 3.4 4.9 6.6

※比較表

普通のカップラーメンよりやや高カロリーですね。カレーなので、脂質もかなり高めです。阿夫利メシがいかにあっさり系かがわかりますね。

 

 

パッケージについて 

f:id:fk_aosan:20200517080823j:plain

今まで躊躇していた理由はココ、「中辛」なんですね。いままでも「台湾まぜ飯」や「ウマーメシ」も「中辛」だったんですが、やっぱり少し辛ったんです・・・。

 

『カレーメシ ビーフ』のアレンジレシピを実践!

さぁ、アレンジレシピをはじめます!
これは全然凝ったことをするのではなく、単純にコレです。
『さけるチーズ』を使います。

f:id:fk_aosan:20200517081456j:plain

これをカレーメシの中に割いてどんどん入れるだけ。
そしてひたすらかき混ぜると、粘度のたか~いチーズカレーメシができる。とのこと。

 

f:id:fk_aosan:20200517081656j:plain

まずはお湯入れ5分です。パッケージのカレーはシャバ系ではなくて、私の好きなねっとり系のカレールーに見えます。

 

f:id:fk_aosan:20200517081822j:plain

5分後です。「あれっ」と思うかもしれませんが、ここからかき混ぜるんですね。
カレー粉が混ざって、「無駄に」美味しくなるそうです。

 

f:id:fk_aosan:20200517081947j:plain

さけるチーズを細かく裂いて投入。
チーズを混ぜ合わせる前に一口、そのまま食べてみましたがそこまで辛くないぞ。
このままでもかなり美味しい!(←ここ重要)
さぁ、チーズとの化学反応が楽しみだ。

 

f:id:fk_aosan:20200517082129j:plain

さけるチーズが溶けてきましたね。たしかに、これで十分美味そう。
まぁ、しかし、混ぜるのが醍醐味だそうなので、もう少しいってみますか。

 

f:id:fk_aosan:20200517082314j:plain

納豆みたいになりました。チーズが完全にルーに溶け込んで、もうカレーじゃないな(笑)

 

カレーメシのアレンジレシピを食べてみよう!

素の「カレーメシ」はとても美味しかった。

アレンジレシピのほうは、「・・・なんか違う。」

チーズのまったり感が強すぎて、カレーじゃない。

まずくないけど、美味くもないぞ・・・。

普通に食べればよかったかな・・・。

家族にも順番で味見してもらう・・・。

「・・・。」

 f:id:fk_aosan:20200517084812p:plain

 

『カレーメシ ビーフ』アレンジレシピの感想

次は、普通に食べます。
味はともかく、具材がけっこうゴロゴロ入っていて、食べ応えがありました。

アレンジレシピってやつは、個人の主観がものすごく強いし、TVだと批判するわけにもいかんから、違う意味でチャレンジになりますね・・・。

 

体調の変化について

カップ飯シリーズはとても食べやすくて、胃全摘の人でもインスタント食品を食べるのに、とてもやさしい

「おじや」なので、するすると食べれて、ダンピングも起きませんでした。

そして躊躇の原因だった「カレーメシ」の辛さはあまり感じませんでした。

チーズ入れた後は、「中辛」の跡形もなかったので、問題がないレベルなのかと思います。

 

ごちそうさまでした。つぎは『普通に』食べるぞ。

f:id:fk_aosan:20200517084354j:plain

 

日清『和風だし カレーメシ JAPAN』について

f:id:fk_aosan:20200719081635j:plain

後日、

f:id:fk_aosan:20200712131627j:plain


カレーメシ普通に食べたいよう!

 

でも同じの買っても面白くないなぁと思い、『和風カレーメシJAPAN』を買ってきました。
なぜ、「和風だし・・・」にしたかというと、ほかのシリーズがあまりにも辛そうだったからです。

今回は、『普通に』食べるぞ!

 

パッケージ

f:id:fk_aosan:20200719082141j:plain

和風だしとあって、「日本」っぽさがちらほらと。
何故か、手裏剣や日本刀。
そして「※信じて混ぜれば、本格カレー。」
はい、これはその通りです。

 

f:id:fk_aosan:20200719082351j:plain

辛さは「中辛」。
「カレーメシ ビーフ」と変わらないのであれば、おそらく問題なく食べられるはず。
しかし辛さは5段階表示してあるけど、「甘口」とか「大甘」とか見たこたないね。今後出るのかな。

 

f:id:fk_aosan:20200719082450j:plain

かつおダシとポークの旨味がジャパン!!!』・・・。

どういう意味さ(笑)

 

栄養成分表示

f:id:fk_aosan:20200719082706j:plain

 

  和風だし
カレーメシ
カレーメシ
ビーフ
 阿夫利メシ カップヌードル
内容量(g) 102 107 86 78
めん量(g)       65
エネルギー(kcal) 436 465 342 351
炭水化物(g) 70.0 74.1 60.7 44.5
たんぱく質(g)

8.2

7.2 7.0 10.5
脂質(g) 13.7 15.5 7.9 14.6
食塩相当量(g) 2.9 2.9 3.4 4.9

「カレーメシ ビーフ」とほぼ変わりませんね。
これ一つで十分大人の一食となりえる量ですね。

 

『和風だし カレーメシ JAPAN』を普通に食べる!

f:id:fk_aosan:20200719083312j:plain

お湯入れ5分後、かき混ぜ前です。
前回よりもカレー感出てますね。

 

f:id:fk_aosan:20200719083425j:plain

『カレーメシ ビーフ』に比べるとややさらっとしており、和風だしだけに優しい味付けになってます。
「普通」が一番おいしい。

 

まとめ

結論から言いますと、『カレーメシ ビーフ』も『和風だし カレーメシJAPAN』もとても美味しく、そして誰が食べても一定の満足が得られる「味付け」「辛さ」に抑えてあります。
だからこそ、レギュラーメニューでロングセラーとなっているのでしょう。
そして、もう少し辛いのが食べたいなら『キーマカレーメシ スパイシー』だし、辛くないのがいい!という方にはもはやカレーでないけど『ハヤシメシ』が用意されています。

あくまで私個人的な意見ですが、「カレーメシ」のアレンジはちょっといただけなかった・・・。

みなさんも、『おいしそう』というアレンジレシピはよく見ると思いますが、まずはその商品の本当のお味を試してからのが良いと思いますよ。

 

今回の記事で面白かった!参考になった!という方は、

励みになりますので、ぜひブックマークをお願いいたします。 

  

 PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村ランキングはこちらです

 

 

 

 

 

 

【スポンサーリンク】